友人来たる。(一)

kyi (5).jpgのサムネール画像のサムネール画像
 

大学時代からの友人が、有休とってぷらり京都にあそびにきました。

ついたその日、まだ外も明るいうちに船岡温泉という京都では有名な銭湯へ。

 

その友人、何年か前から『ムビラ』というジンバブエ の指ピアノをやっており、

今日は彼女のムビラの先生「くまさん」に会いにゆくことになっていまして

ここで待ち合わせの約束なのでせっかくだし一緒に入浴してこか、ということに。

 

kyo (3).jpgのサムネール画像
 

夕暮れ時に入る初夏の銭湯。

中も独特の風情があって、エキゾチックなタイルや天井の彫り物がおもしろかったなぁ。

地元のひとたちがたくさん来ていて

昔からあってみんなに 親しまれているお風呂なんだなぁ~っていうのがわかりました。

 

その後くまさんせんせ行きつけの定食屋で500円で大満足チキンカツ定食をがっつり食べた後、

わたしとだんなともだちの三人で大徳寺のおうちへおじゃまさせていただきました。

 

kyo (5).jpg

これがそのムビラ。

くまさんの部屋には年期の入ったムビラが壁一面ずらり。

 

kyo (20).jpg
もう一方にはオチャケもずら~り☆

 

kyo (29).jpgのサムネール画像
    

 

 

  ビールをまずはいただいちゃいました。

 右のはアフリカのビールなんだそうですがこれサイコー!!

 あちらから持って帰ってきたそうで

 日本にはないんだそうですザンネン。

 これまた飲みたいわ~。

 

   

kyo (17).jpg
 

くまさんとともだちのムビラがはじまりました。

CDではよく聴いていましたが、生の音の響きには私もだんなも感動でした。

ひとりの音にもうひとりの音が織りこまれてゆき万華鏡のように曲がひろがっていくように感じました。

目を閉じて音につつまれていると夢の森にいるような気分でしたね。

ジンバブエではムビラはこの世と天をつなぐ楽器なんだそうですが

そんな話も音を聴いていると理屈じゃなくわかる気がしました。

 

10年くらい昔ですが、このともだちとは富山のおわら風の盆へ行ったことがあり、

風の盆とムビラはすごく似ているという話になったんですがほんとそうだなぁとおもいました。

演奏するというよりも「対話する」感じ。

開放感というよりも静かに鎮魂される感じ。

すごくこの音合うなぁ~っておもいました。

お話ではジンバブエ人ていうのは日本人とすごくフィーリングが似ているんだそうですね。

おもしろいなぁ~。

 

 

 

 

kyo (22).jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

kyo (27).jpg

 

 

kyo (32).jpgのサムネール画像 

 

kyo (30).jpgのサムネール画像
 

お酒はチリワインにはじまり、プレミアもんの日本酒に焼酎、ふだんはあんまり呑まないラムやウィ  スキーまで極上品を次から次へとすすめていただき、これまた夢ではなかろうかという展開で。どれもひじょ~においしすぎでした。(飲みすぎちゃんぽんで翌日は案の定の二日酔い。。)

 

お酒にムビラの演奏にくまさんの話もおもしろくて

なんだか時間の経つのがあっという間でした。

 

気がつけば午前2時。

終始お水でがまんしただんな様サマの運転で帰りま~した。

 

 

http://www.mbirajunction.com/index.htm(くまさんの運営するムビラのサイト )

すっかりごちそうになり、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント(4)

-kyo :

お世話になりましたー。

Tanaka Miho さんちとかくまさんちとか、ほんとーに楽しかったね〜。

「音が織り込まれてゆき万華鏡のように広がっていく」とか、「対話する」、「開放感というよりも静かに鎮魂される感じ」っていうのにすごく共感。


いい時間だったねぇ...。

mayumushi :

こつらこそ
いっしょにすごせてほんと~楽しかったよぉ~
ありがと!!
ムビラ聴いてまたなんか世界がひらけた気するよ。
ほんと素適な時間だったわ。

kuma :

ブログに自分の部屋が紹介されてるって、チト恥ずかしいです…
また、遊びに来てくださいね。
ご主人にもよろしくお伝えください☆

mayumushi :

kumaさん、すてきな時間をありがとうございました。
またぜひ遊びにうかがわせてください。

コメントする