『 虫子のしごと展 』 あかり作品紹介(三)

 

201011mushikoten 297.jpg

『 あかりの子 (アネモネ)』

 

今回、彩色のあかりも登場しました。

自分で草木染めをした吉野紙を

ちぎり絵のようにして漉き込んでいます。

 

このアネモネの赤は

インド茜で染めました。

 

 

 

201011mushikoten 299.jpg

『 あかりの子 (夜明けまえ)』

 

おなじみ京都の嬉染居さんで染めてもらった天然藍のブルーと

玉ねぎの皮の黄色が

清々しい明け方の空みたいだなぁとおもい

こんな名前をつけました。

 

 

 

201011mushikoten 294.jpg

『 あかりの子 (やまびこ)』

 

山のとんがりの黄は

おなじく玉ねぎイエロー。

紅茶と藍の斑点がチャームポイントです。

夕方、おなかをすかせていらしたお客様で

「焼き餃子だぁ~」

と言ってらした方もいました^^;

 

 

201011mushikoten 152.jpg

『 あかりの子 (うわばみ)』

 

201011mushikoten 328.jpg

裏と表で表情がちがいます。

 

 

 

 

201011mushikoten 232.jpg

『 あかりの子 』 吊るしタイプ

 

印象的なこの赤は

おなじくインド茜です。

ちょこっとはいっているのは藍とログウッドを重ねた色です。

 

201011mushikoten 063.jpg

ちがう側からみるとこんな模様になっています。

 

以前にも彩色のあかりには挑戦したことがあったんですが

この植物染めの色合いと

素地になじむちぎり絵のようなやり方は

今後おもしろくなっていきそうな予感がしています。

 

 

 

201011mushikoten 185.jpg

『 あかりのひと 』 と  『 とんがりくん 』

 

 

とんがりくんはは三年前の作で

ギャラリーに以前お買い上げいただいたものです。

すっかり一部のようになって

たたずんでおりました。

 

 

さいごに

 

 

 

201011mushikoten 095.jpg

『 月見兎 』

 

来年の干支がうさぎということもあってか

このうさぎくんは老若男女問わず人気がありました。 

 

 

そんな、お客さんの反応を肌で感じられるのも

展示会の楽しみでもありますね。

 

 

長くなりましたが

このへんで作品紹介おわりにします。

 ありがとうございました。

 

 

 

 


コメントする