ルリタテハ

 

こんにちは~。やす兵衛です。

 

今回はタテハチョウのなかまの

「ルリタテハ」と言うチョウチョを

レポートしてみようと思いまーす。。

 

ルリタテハ (2).jpg

 ケムシ型のイモムシなのですが、

なかなかユーモアのある形をしています。

(苦手な方はご注意ください。)

 

 

昨年、嫁はん親方が植物店で見かけて

「面白いイモ虫がいたよ~ん。」

と教えてくれたやつらなのですが。

  

ルリタテハ.jpg

 最初、見たときはこの「トゲトゲのイガイガ」にとっても驚きました。

カミナリ様みたいな、触れたら感電しそうな容姿。

何でこんな風になったんだろう。。ふしぎ。

 (見た目は攻撃的なトゲですが、触っても無害です。

ちくっとしますが、かぶれはしません。)

 

ルリタテハ (3).jpg

 一度はこのヤンチャな奴らを

この手で育ててみたいと願っておりました。

それで、先月ワタクシの実家で「ホトトギス」を株分けしてもらおうと

庭を物色していたら、なんとすでに終齢の幼虫がいたのです!

 

 

ルリタテハ (1).jpg

 葉っぱをたくさん食べて二匹仲良く前蛹に。

アゲハチョウと違っておしりだけで吊り下がります。

「し」とか「J」みたいにぶらーんと。

名づけてJJブラザーズ。 

 

ルリタテハ (12).jpg

 蛹になるときには「トゲトゲ」を脱いでさようなら。

幼虫だっていつまでも尖ってばっかりはいられないゼ。

 

ルリタテハ (11).jpg
  

 実は今回、6匹ほどまとめて育ててみました。

なんだか洞窟のコーモリみたい。

 

ルリタテハ (8).jpg

  そして、待ちに待った羽化!

おおっ出てきた出てきた。 

 

ルリタテハ (5).JPG

 そと側はとても地味で、親方いわく、

「焼き魚の表面みたい」だそうです。 

 

ルリタテハ (10).jpg

 でも内側はほらっ!

「ルリタテハ」という名前に恥じない美しさ・・。  

 

ルリタテハ (4).JPG

 外に放してやると元気に飛び立っていきました。

白いラインが飛んでいくときになんとも綺麗です。

 

「タテハチョウ」も面白い奴らがいますねー。

 また他に愉快なやつらが見つかったらレポートしまーす。

 

 

...............................................................................................

 

追伸。

 

201105nemiageha.jpg

毎年恒例、

アゲハの芋虫たちも元気に育ってま~す。

このオーソドックスなナミアゲハの終齢幼虫は

やっぱり大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントする